肌の奥で誕生するものって?

肌の奥深くで誕生した細胞はスローペースで皮ふの表面へと移動し、行く行くは角質となって、約28日経てばはがれていきます。これこそがターンオーバーの正体です。
メイクアップの短所:お肌へのダメージ。毎朝の化粧が面倒くさくて仕方がない。化粧品を買う費用がやたらと嵩む。メイクで皮膚が荒れる。何度もお化粧直しやお化粧する時間が勿体ないと感じる。
ここ日本では、肌が白くて淀んだくすみや濃いシミが見られない状態を好ましく思う美意識がかなり以前からあって、「色の白いは七難隠す」ということわざがそれを裏付けている。
メイクアップの利点:外観が向上する。メイクも嗜みのひとつ。実年齢より大人っぽく見せたいという願望を叶えられる(あくまで20代前半までに限る)。自分の印象を好きなように変えることが可能。
医療がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life)を大切に捉える流れにあり、物づくりに代表される日本経済の発達と医療市場の拡充により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)はここ最近人気のある医療分野であろう。

大方の場合慢性に移行するが、的を得た処置によって病態が治められた状態に保たれると、自然寛解が予期される病気である。
リハビリメイクという言葉には、体にダメージを受けた人のリハビリに等しく、顔や体の外観に損傷を受けてしまった人が社会復帰するために学ぶ手技という意味を含んでいます。
美容外科とは、要するに外科学の中のジャンルであり、医療中心の形成外科学(plastic and reconstructive surgery)とは異質のものだ。また、整形外科学(orthopedic surgery)とも間違われやすいのだが1違う分野のものである。
アトピーは「場所が限定されていない」という意味を持つ「アトポス」というギリシャの言語に由来しており、「遺伝的な因子を持つ人のみにみられる即時型アレルギーを主とする病気」として名付けられたと言われている。
ネイルケア(nail care)とは、手足の爪のお手入れ全般を指す言葉。ヘルスケア、美容、ファッション、医療、生活の質の保全といった多様な場面で活躍しており、ネイルケアは確立された分野の一つとなっているのだ。

頭皮のお手入れはスカルプケア(scalp care)とも呼ばれます。スカルプは髪の困り事の代表である「脱毛」「薄毛」にとても密接に関係すると同時に、フェイスラインの弛みにも悪影響を及ぼすのです。
爪の作られる行程はまるで年輪のように刻まれるという存在であるが故、その時に健康面で問題がないかどうかが爪に反映されることが多く、毛髪と同じようにすぐに確認できて分かりやすいことから健康のバロメーターとも言われるのだ。
このコラーゲンとは、特に夏の強烈な紫外線に直接当たったり様々なダメージを受けてしまったり、肉体的・精神的なストレスが少しずつ積み重なったりすることで、崩壊し、最終的には作ることが困難になっていくのです。
つい時間を忘れてパソコンの画面に集中してしまい、眉間にしわを寄せ、なおかつ口はへの字(これを私は別称「富士山ぐち」と呼ぶこともあります)なのでは?これはお肌の大敵です。
顔の弛みは不要な老廃物や脂肪が集積することで徐々に促進されます。リンパの循環が鈍くなってくると老廃物が蓄積し、浮腫が出たり、脂肪が溜まり易くなり、たるみの要因になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ