しかし、長い人生を生きるためには、欠かすことのできない行為です。古来からシャーマン(霊媒師)と呼ばれる人々は、そのパワーを発揮するときに、さまざまな石の力を借りてきました。中でもよく使われたのが、やはりパワーストーンの代表格、クリスタルです。それを「シャーマンクリスタル」といいます。数あるクリスタルの仲間のうちでも、特に「予言」と「癒し」の効果が高いといわれるガーデンクォーツは、ゴーストクリスタル(山入り水晶・幽霊水晶)やルチルクォーツ(針入り水晶)と並んで、シャーマンたちに好んで用いられました。
長い間水晶が成長していく過程で入り込んだ内包物が、まるでお庭のような自然のアートを作り出しているため言われます。精神面に対するヒーリング効果も高い。はしばしば長寿や繁栄の象徴と言われることもある石です。持ち主に地に足を着ける事を教えるグラウディングの力が強い石で、エネルギーが強めの石の割には持つ人をあまり選ばない癖の少ない石なので、開運の石として持つのにはとてもオススメの石の一つです。金運の石としてルチルクォーツ等がエネルギー的にちょっと違和感を感じる方などを身につけてみると良いかもしれません。
今でも時々付けています。ポイントなどを握って瞑想すると効果的だと思います。水晶の中に見える風景は実にさまざまで、状態や色によって山や川・草原といった自然を連想させ、心の内面を落ち着かせ、深い癒しをもたらしてくれます。「長寿」「健康」をもたらせ、また、ルチルクォーツと同じように「財運」「商売繁盛」の効果もあるとされています。開運パワーが非常に強い!神と感情のバランスを整え、お守りとしても最適です!感情と理性、肉体のバランスを取り!心にたまった負担を解消させることが出来る!
特に一つ一つに広がる世界を見るだけでも小さな宇宙の存在感じることができ、ヒーリングによく用いられています。非常に人気のある石でシャーマンクリスタルとも呼ばれています。水晶のなかでもパワーが強く、特にヒーリング効果は絶大です。つい悲観的になってしまうとか落ち込みやすいなど、邪気が入りやすい状態から持ち主を守ってくれるでしょう。精神的・肉体的にも不調をきたしている元から癒して生命力を活発にし、気持ちを前向きにしてくれる効果があります。お守りとしていつも身に付けておくと効果的。
良い人間関係、金銭、財産を溜め込み大きく発展させるといわれます。緑泥がしっかり入った、一見スタンダードです。でも、よく見ると、緑泥が層状に入っていますが、ファントムではないようです。ファントムと言うより透明な水晶と緑泥が交互に重なった地層っぽかんじ。これも結晶のしかたが気になる石です。ポリッシュなので、もとが結晶の形をしていたかどうかもあやしいですが、それでもちょっと不思議です。そのうえ、貫入もあります。石の下の方に、白く帯状に輝いている部分が見えると思いますが、これは中に貫入している水晶の柱面が反射しているものです。
病魔を取り除き、心身の病気を癒す力が大変強いといわれています。 ヒーリング効果が抜群で、自然治癒力を高めるそう。 また、同じ内包物の作り出す景色が美しいのは、テンドリチック?クォーツ(樹枝入り水晶) と言われるもの。 これは水晶の中に酸化マンガンが、美しい樹枝状模様を作り出しています。 肉体、感情、精神のバランスを保ち、その浄化や再生を繰り返し、より高度な 自己を導くとされています。 私は庭園水晶が大好きです。まさに自然が作り出した芸術品ですね。 同じものはほかにない、いつまでも見飽きない素晴らしさです。
よく、自然の岩や木が偶然なんかの、動物やキャラクターに似ているってことがありますよね?まさにあれですね。ガーデン水晶の幻影世界はまさにそれです。ファントム水晶というのもありますがこれは、水晶の中に、たなびく雲化霞のような薄い、陰であって庭園水晶のようなはっきりした岩石や鉱物ではありません。その境界線は微妙です。ファントムが濃くなればガーデン水晶ともいえますし、ガーデンファントムというような水晶もありますね。まあ、とりあえずザックリ不純物(鉱石)が入っているのをガーデン水晶。
水晶の中でもパワーが強いとされ「邪気が入りやすい人」を守ってくれ、気持ちを前向きにしてくれます。お守りとしていつも身に付けておくとよいでしょう。苦手な人に会うときにもオススメです。また、ガーデンクォーツは正財運(ギャンブル性のない財運)を象徴することでも有名で、実業家や社長といった方々に愛好家が多く見られます。
中でもよく使われたのが、やっぱりパワーストーンの代表格のクリスタルです。それを「シャーマンクリスタル」っていいます。数あるクリスタルの中でも、特に「予言」と「癒し」の効果が高い。ゴーストクリスタル(山入り水晶・幽霊水晶)やルチルクォーツ(針入り水晶)と並んで、シャーマンたちに好んで使われてきたんですよ。クォーツの中に針状の結晶となったルチルを含有してるのを「ルチルクォーツ」っていいます。同じで、インクリュージョン(内包物)が魅力の「変わり水晶」の仲間です。宇宙からのメッセージを受信するっていわれてるルチルクォーツの針と、自らの心を描き出してみせる、とっても相性のよい石だっていわれてます。
[PR]ガーデンクォーツ 

地味に人気の アマゾナイト

2009年10月に訪れ、「山口石」を採集できた場所から数百メートルしか離れていないのだが、今回、希元素鉱物は全く採集できなかった。したがって、「日本希元素鉱物」に記述されている場所は、2009年に訪れた場所だったのだと思い至った。さて、肝心の「山口石」だが、実は、ここを訪れる前に、長野県西筑摩郡田立(ただち)村【現在、長野県南木曽(なぎそ)町田立】の「(天河石)」産地に立ち寄ってきた。採集品をいくつか持ち帰り、実体顕微鏡で確認すると、「山口石」があり、『溜飲を下げた』 次第だ。
たとえば、こんな時に人の意見に流されて自分の考えが持てなかったり自分の考えがあっても上手く伝える事ができない・・そんな経験はありませんか?効能は、出しゃばって自分勝手な事をいい周りの人の気持ちを考えないお喋りさん・・・とは違います。アマゾン川のように、雄大な心の広さと繊細さを持ったパワーストーンです。ゆったりと大きな流れのように自分というものを持ち周りの小さな事にも心を配る優しさのある人間に貴方を育てます。とても雄大な心のパワーストーンです。見果てぬ夢であっても、持ち主の夢を一緒に追いかけ実現させるために強力にサポートしてくれるといわれます。
おもに南北アメリカから産出されています。少々壊れやすい性質があるので、パワーストーンとして利用する場合には取り扱いに注意が必要です。アマゾンの美しい流れを連想させる半透明の水色で、その発色は中に含まれている微量の鉛によるものです。全くの無地は翡翠にも劣らない美しさで、アマゾンジェード(アマゾン翡翠)などという別名も持っています。この石には仕事や対人関係のストレスで乱れてしまった心身のバランスを整える効果があると言われています。悩みがある時、枕元において眠ると、夢の力を利用して精神的な支えになってくれます。
似たような色合いの石が産出されることから、誤解されたといわれています。魅力の一つである幻想的な青緑色は、成分の中の微量の鉛が原因です。中には、青緑色のものと緑がかった水色のものがありますが、この色の違いは産地によるものです。主な産地は、ペルーやロシア、アメリカなどで、アマゾン川流域ではありませんが、ブラジルでも良質の石が産出されます。ホープストーン(希望の石)と呼ばれ、未来への希望をもたらすと考えられたため、長い間大事にされてきた石です。現代では、ギャンブルや宝くじに効くとされ、小さなものを身に着ける人もいるようです。
こころを休めさせ、精神のバランスを整えてくれると言われています。ストレスが溜まりやすい方におすすめしたいパワーストーンです。長石グループのひとつ、微斜長石(びしゃちょうせき)のうちで、うつくしい青緑色を帯びたものをさします。そのおだやかで神秘的な色合いから、日本では「天河石(てんがせき)」というたいへんうつくしい名称があたえられています。「アマゾナイト」という名前は、ブラジルに流れる雄大なアマゾン川に由来していますが、その流域では採掘されません。ジェード(翡翠・ひすい)に似ていることから、「アマゾンジェード」と呼ばれることもあります。
和名は「天河石」。アマゾン川に対する当て字よりつけられました。宝石言葉は「約束の日」。変種である淡い青から緑をしたペルー産と、濃く鮮やかなグリーンに白色の筋がみられるロシア産(ロシアン)がございます。ただし、近年ではクォーツァイト(珪岩)を染色したものが多く出回っておりますため、ご購入の際は注意が必要です。ムラのないグリーンのものは翡翠と似ているため「アマゾン・ジェード」「コロラド・ジェード」というフォルス・ネームもございます。オーソクレース(正長石)やアデュラリア(氷長石)などと同じ長石系の鉱物で、劈開性がありますため、お取り扱いの際は注意が必要です。
また表現力を高めるのは、表現すべきでないことの判断を明確にするからです。長石、正確にはマイクロクライン(微斜長石)に属する石です。ホープストーン(希望の石)とも言われ、希望を象徴し、とても明るいエネルギーを持つ石です。心身のバランスをポジティブで安定した状態に導き、夢や目標を叶えるために 必要な積極性を養います。艶やかに磨かれた、ふっくらと厚みのあるペンダントは、まさに「ホープストーン」と呼ぶにふさわしい明るいエネルギーを感じさせます。太陽にあてれば、アベンチュレッセンスのようなキラキラと輝く細かい光を放ちますよ。
持ち主をマイナスエネルギーからの影響守ってくれるパワーストーンなので、お守りとして身につけておくのもいいとおもいます。きっとあなたを良い方向へ導いてくれることでしょう。原産地はロシア、アメリカ、カナダ、パキスタン、ブラジル、マダガスカルなど、です。何もアマゾンで採取できるわけじゃないようです。ですがその青緑色はその名の通りアマゾンの雄大さや、穏やかさを感じさせる神秘的な色をしています。古代エジプトや、メソポタミアなどの遺跡からも発掘されているとても歴史の深いパワーストーンです。
ものごとがスタートするという意味をもち、東ではアイデアや発想力を身につけると云われています。仕事、恋愛、悩み、息が詰まったのなら、石を左腕に身に付け、東方面のあなたが落ち着ける場所を探すと良いでしょう。すべてを洗い流すように、あなたに新たな発想、前向きな姿勢、新しい道が開けてくるでしょう。石を身につけ、相性の良い方位である東の澄みわたる川へ出かけてみてはいかがでしょう。新風が吹きつけるように、あなたを浄化、癒しへと導いてくれるのです。相性の良い方位は東です。東は、前向きに活力を見出してくれる方位です。
[PR]アマゾナイト ブレスレット 

昼キャバと一口に言っても、実際はホストクラブにおける「二部営業」(夕方〜深夜1時までの1部、日の出〜昼頃までの2部と営業時間を分けて営業する形態)同様の営業形態を取る店もあれば、昼頃にオープンし夕方まで営業する形態の店など、営業形態は様々である。従来から存在する業態で、ホステスが客の横に座り接客する点はキャバクラと同じだが、一般的に料金が時間制ではなく、ボトルキープが基本(料金体系が明確でない)。
ここで突然、エリちゃん(仮名)が「指名したらずっといられるよ」などと言い出す。別に指名したくもなんともないが、「まあ、いいよ」と場内指名するハメになる。基本的には、もうどうでもいいや、的な心境になっている。予想通り、延長しても女の子は相変わらず来ない。この1時間30分ほどずーっと男2人と女1人の状態が続いている。まさにそれはラストまで続き、またボーイが来る。「お客さん、そろそろお時間ですが、ご延長の方はいかがいたしましょう」である。
それがイベントです。キャバ嬢にとっても現金を稼ぎ出す絶好のチャンスとしか考えていません。それでも、イベントだと喜んで、お店に行きますか・・・・?一般的に職務質問と言うと『名前は?』『住所は?』『年齢は?』『仕事は何してる?』『何してる?』とこんな感じです。なにか、似ていませんか?そう、フリー客に付いたキャバ嬢が話しの糸口を掴もうとして同じような質問攻めにしている光景です。食事でも行かない?キャバ嬢たちが毎日のように聞く言葉である。
もちろん、それは店にもよります。誰でも何でも採用するような店では悲劇も起こりやすいといえます。採用基準をある程度持っているお店を選ぶということも大事ですが、そういう情報はなかなか入りません。楽しむといっても、いろいろと楽しみ方はあります。ですが、大別すると、下の3つに別れるでしょう。その場でお酒を飲むことを楽しむ。同伴やアフターを軸にして、その発展型として何かヤッちゃおうという意志の下に楽しむ。彼女や恋人や結婚相手を探しに行く。といった感じになると思います。個人的には別項でも書きましたが 「3」目的は出来るなら避けたい気がします。
こういう店は店内の作り自体も放棄している感があって、元ステーキ屋だったお店にほとんど改装を加えないで、そのまま仕立てにしてしまったというようないい加減なお店も見たことがあります。女の子の質のいい加減さが極限まで進むと「店内で指名されている女の子を見ない」という状態にまでいくことがあります。店の上層部はもう少し自らの店の置かれている状況を冷静に判断してほしいところです。高級タイプ。文字どおり高級感漂うタイプで、かつての高級クラブの雰囲気をそのまま持ち込んだタイプのお店です。
もちろん、その行為自体には何の問題もないのですが、これらにはすべてお金がかかるというところに問題があります。無尽蔵にお金を持っている人はあまりいません。お金は使い続ければいつかはなくなります。ここが問題なのです。以前からちょっとだけ不思議に思っていることがあります。私は何度か記しているようにバツイチなのですが、それを嬢に言うと、必ず、「子供はいるの?」と訊かれます。社会一般の中ではそんなに訊かれたことがないので、行くと、ほぼ絶対のようにこの質問を投げかけられるのはどういうことなのかと、いつも思います。

・正確な住所を教えてくれる。あるいは自宅に招いてくれる。というあたりではないかと思います。とはいえ、これさえも営業の小道具として利用することもあるのですから、問題は楽ではありません。自室に招いてもらった程度で納得している場合ではありません。長く通っていれば、そんなことは起こります。しかし、こちらが訊いていないのに勝手に教えてくれる場合なら少しは好意も混じっている場合もあるとは思います。もちろん、・お金を貸してくれる。
○モテるでしょ〜〜。モテそうだよね〜を常に連呼する。○ほかのキャストからも人気が高いと言っておく。『浮気しないでね』ビームを出しておく。ヘルプが付いた後は『何話してたの?』などと軽く嫉妬心をみせておく。○小さな頼みごとをしてみる。ありがとう、連呼&感謝しまくって自尊心を煽る。○ちょっと重い相談を持ちかけてアドバイスを貰う。親身になってくれた貴方の優しさに感動したとか、こんなこと他に相談できる人がいない。
[PR]キャバクラ ドレス 

やわらかいエネルギーをもち、イライラや不安を抑え、ストレスを癒す効果が高いことから、「リラックスの石」といわれています。自律神経のバランスを整えてイラつきをしずめ、平穏で安定した気持ちを取り戻すことで、冷静な判断ができるよう導いてくれたり、集中力と記憶力を高めてくれるといいます。アベンチュリンは、ハートに働きかけ、愛情を豊かにするとされるパワーストーンです。身につけると、広い目で物事をとらえたり、受容できるようにするとされるため、人間関係を円滑にし、問題を円満に解決するための糸口を導いてくれるでしょう。
パワーストーン的に見た場合はさほど気にする必要はないでしょう。別名として「インド翡翠」とも呼ばれることがあり ますが、これはインドで多く産出し、価格も安価で、 翡翠の代用品として使われる事が多かった為であり、 翡翠とは全く違う石です。落ち着きと癒しを感じさせてくれる、緑色のパワーストーンです。キラキラした効果は、アベンチュレッセンスという名前もつけられています!石の中から光が反射しているようで、いろんな面から輝きます☆かわいーいピラミッドのお守りです☆癒しのパワーが強い天然石。
植物のようなグリーンが特徴的なヒーリングストーンです。植物が二酸化炭素を酸素に変えていくように、たまったネガティブエネルギーを流して綺麗にしてくれます。心と体の健康を促進するパワーストーンで森林浴をしているような心地よさも与えてくれます。自律神経を整えたり、疲労回復、ストレスを緩和するなど特に肉体的な部分の健康促進に効果を発揮します。地面に足をつけて空を見上げてみる。自分が自然の一部だということを実感する。自然の一部で地球の一部。そして宇宙の一部。通常を言います。クォーツァイトが形成される時にクロムを含んだ雲母が形成されます。
マラカイトと同様に財運を向上させる力がありますが、急に財運がアップするのではなく、ゆっくりと確実にアップする事が特徴です。部屋の東南方位に置くことにより効果があらわれるそうです。また、風水的な「緑」は調和やなごみをあらわし、自然体、平和主義、安定へと促します。財運がアップすれば、生活のゆとりが生まれ、家族の笑顔も途絶えることはありません。幸福や成功を象徴するのです。硬度が高いため、色落ちなどにも強く、塩、クリスタルクラスター、セージ・お香など、ほとんどの浄化に適しています。
また愛情を豊かにし、広い目で物事をとらえることができるようにしてくれたり、様々なことを温かく受け止めることができるようにしてくれるともいわれており、問題を円満に解決するための糸口をもたらすとも伝えられています。5月の誕生石として知られている、グリーンのクリスタルですが、主産地がインドで翡翠に似ているため、「インド翡翠」とも呼ばれています。クォーツがフックサイト(クロム雲母)の微笑結晶インクルージョンによって緑色となったものを指し、この雲母結晶が平行に並んでいるとキラキラした輝きが見られ、その効果を「アベンチュレッセンス」と呼びます。
これは、心臓あたりにあるエネルギーポイント(→「気功」でいう、つぼ)が、あらゆる霊的な影響(良くない霊・生霊)によってエネルギー(=気)の流れが滞っていたり、
石の価格は効果の違いではないので、関わらず購入の際に知っておけば役に立つでしょう。柔らかな性質の石で、クセがなく誰にでもおススメできるパワーストーンですが、特に小さなお子様がいるお母様に最適かと思います。優しさに溢れ、慈しみ深い石なので日々の家事と子育てに追われ、ストレスを溜めがちなお母様にぴったりな石のといえます。また、現代社会で溜めがちなストレスは、さまざまな体調不良の原因となってしまいます。そんなストレスを抱えた方や、生活習慣病、更年期障害にも効果があるとされます。
いやもうなんて言うかここまで面倒な経歴を持った鉱物早々ないですwといっても多くのサイトは既に緑のインド翡翠と呼ばれるグリーン。ゴールドストーン=砂金水晶になっている。別にそれでも良いんだけどレッセンスという砂金水晶独特の輝きを示す鉱物用語が矛盾を起こしてしまってることになっちゃうのでした。 キラキラする鉱物のことらしいです。元祖はグリーン(クロム白雲母入珪岩=フックサイトinクォーツァイト)ではなく、ギラギラの赤色の赤鉄鉱や針鉄鉱ががギッチリ詰まったドス黒い水晶や赤茶水晶の写真を見ました(九州大と韓国のサイトです)。
※最近このグリーンをクォーツァイトという代わりに「緑化フックサイト」と言っている説明を見かけました。フックサイトそのものがクロム白雲母、つまり、クロムで緑色になった白雲母という意味なので、「緑化フックサイト」というと、緑色になった緑の雲母という、変な意味になります。しかも、フックサイトだけでは雲母ですから、なりません。モスコバイトと呼ばれる。確かに赤くてきらきらしているが、これがクォーツァイトなのかどうかが不明。モスコバイトなら、雲母だけなので呼べない。レッドといいながらオレンジ。言いながらキラキラ感皆無。レッドは染めてあるという説もある。インド翡翠の別名を持つ半透明緑のグリーン・クォーツァイト。キラキラしていないので呼べない。
[PR]パワーストーン アベンチュリン 

琥珀とは松類の木の樹脂が流れ出しそれが地中に埋まりそれが化石となったものをいいます。なかには虫などが入り込みものすごい価値を持つものもあります。日本では、古墳から出土するなど、昔から希少価値がとても高いものとして大切に扱われてきました。石器時代にはすでに宝飾品としても存在していたそうです。しかし、単なる宝飾品とだけではなく健康に効く効能があります。心臓やのど等にきき、子供がもつと病気を寄せ付けなくなり、大人が持つと長寿の効能をはっきするといいます。また、心理面にも聞くとされうつの症状を和らげたり落ち込んでいる気分を高ぶらせてくれ、またボジティブな思考を身につけさせてくれるともいます。
酸には比較的強いので、汗や皮脂による変色は少ないものの、直接肌に付けた後はやわらかい布で拭き取ると良いでしょう。熱に弱いので、熱いお湯や洗剤は厳禁です。浄化方法としては、クリスタルがもっともおすすめです。また、言葉やセージなどのお香も効果的です。水による浄化は、軽く洗い流す程度ならば問題がありませんが、長時間水にひたすことは避けてください。最大の産地は、バルト海沿岸の地域です。ロシアのカリーニングラード、ポーランドのダグニスク、リトアニア、デンマーク、ドイツなどが有名です。
「琥」の文字は、中国において虎が死後に石になったものだと信じられていたことに由来する。 鉱物ではないが、硬度は鉱物に匹敵する。色は、黄色を帯びたあめ色のものが多い。バルト海沿岸で多く産出するため、ヨーロッパでは古くから知られ、宝飾品として珍重されてきた。英名 amber はアラビア語: ????? (\’anbar)に由来する。琥珀は樹脂が地中で固化してできるものであるため、石の内部に昆虫(ハエ、アブ、アリ、クモなど)や植物の葉などが混入していることがある。こうしたものを一般に「虫入り琥珀」と呼ぶ。
この点は緑琥珀(グリーン)とは異なり、グリーンは通常の素状態で既に黄緑または金緑色の色合いが有ります。この希少なブルーの中でもさらに最も希少なのがブルーの中にある不純物の限りなく少ない金色クリアな青く輝くビーズ(丸玉)です。なぜなら、ブルーの原石の中で金色のクリアなシダ植物などの入っていないものは絶対数が少なく、原石を磨いたペンダントやルースよりも加工に高度の技術が必要で、原石を磨いたルースやペンダントと比べ、厚さ×高さ×幅の3点において全て金色クリアでなければならないからです。ペンダントやルースは厚さ等上記の1点が欠けても作成できます。
やはり金色クリアで青く輝くブルーは全体の原石の中でわずかで、ほとんどは不純物が含まれています。ブルー原石のランク付けは世界の市場ではA〜3Aに規定されています。日昇堂貿易もこの基準に準拠しています。「A」はブラックライトでは青くなりますが、自然太陽光の下では青色等の輝きが淡いものです。「2A」は太陽光の下で青などに輝きますが、内包物が3Aよりも多いものです。通常は2A程度がいわゆる商品となります。「3A」はほぼ金色のクリアな内包物がない琥珀で特に青く輝くもので、ブルー原石の中で産出量が少ないのが現状です。
樹脂でできた化石のため、大変傷つきやすくデリケートです。落としたり、ぶつけたりしないように気をつけてください。ホコリが付きやすいため、柔らかい布(セルベット、セーム皮等)でマメに拭き取るようにしましょう。女性の方が身に付ける場合は、香水や化粧品などが付くと光沢を失う可能性がありますので注意が必要です。汚れがひどい場合は、ぬるい温度の石鹸水で洗浄できます。しっかりと乾燥させたあと、オリーブオイルなどを塗り、光沢を元通りに戻す方法もあります。保管する時は、柔らかい布に包んで傷が付かないようにしましょう。
中国本土でも遼寧省、撫順や福建省,福州の炭鉱から琥珀が発見されます。いずれも斬新世から始新世(5500万年〜2600万年前)の時代のものです。琥珀中に発見された44種の昆虫のうち41種が新種と判明し、古生物学の宝庫として専門家の注目を集めました。琥珀は日本でも古くから発見され、北海道の1万4000年昔の旧石器時代の遺跡からも加工品が発掘されています。主な産地は岩手県久慈郡の中生代白亜紀後期(〜6500万年)の古い地層に発見されます。日本国内では北海道から畿内に及ぶ広範な縄文時代や古墳時代の遺跡から琥珀の装飾品や加工品が発見され、古代から琥珀の道が存在していました。
大きいものは取引価格も高く、特にロイヤルで白色度の高いものは、コレクションと呼ばれ、数十倍の価格で取引されます。産出量全体の0.1〜0.2%程度しか採れない希少な白い琥珀。時折黒い点が見られるのは太古の木の雄花や皮の欠片で本物の天然琥珀の証です。ひとくちに「白」といっても、その色味には驚くほど豊かなバリエーションがあります。【ボーン】と呼ばれる「骨」を意味する白さの最高級を示す色味、黄色味がかった【バタースカッチ】、薄いグリーンの色味を持った【オリーブ】など様々です。そんな色味が作り出すマーブル模様は特に貴重で人気があり、貴族に愛された琥珀です。
ギリシャでは、琥珀のことをエレクトロン(電気)といいます。表面をこすると、静電気が起きる琥珀の性質から、こう呼ばれるようになりました。静電気で物を吸い寄せるができる琥珀は、本当に神秘的ですね!リトアニアでは、琥珀をギンタラスといいます。このギンタラスという言葉には、“病気から身を守る”という意味が込められています。昔から魔よけや病気予防のお守りとして、琥珀を身につける習慣があったんですよ。ロシアでは、琥珀のことをヤンターリ(太陽の石)といいます。これはラテン語の“黄色のもの”とかという意味からきていると考えられています。
[PR]アンバー 意味 

このタイプのものは『これぞ!』と呼べるもので非常に光・情報・エネルギーの量が多く、またそのバラエティーに富みクオリティ・グレードの高い光・情報・エネルギーは世界No.1と断言して憚りません。このタイプに限らず 非常に再生結晶面(いわゆるセルフヒールドクリスタル)が多く見られますが、ひとえに結晶化の過程における造山運動の激しさを物語っています。世界各地の鉱物を見てきましたが 特にクォーツ(水晶)においても、造山運動の激しく古い地域ほど素晴らしいものを産出します。
シバ神は破壊と創造の神です。持ち主の運命を切り開いてチャンスをつかんでゆくパワーを持っているのです。ネパールの首都カトマンズの北北西80km、標高7110mガネーシュヒマールの中腹標高4000m以上の鉱山で採掘されて人力で運び出しています。クローライト(緑泥石)という緑色の鉱物を内包して結晶化しているものが多く、緑水晶とも呼ばれます。また水晶の表面にバーコード状の成長痕をもつものも多く、まるで、澄んだわき水の泉を覗きこんでいるかのような美しさです。
太陽からもっとも近いところから採れ、 太陽のエネルギーを一番受けている水晶ともいえます。 また、ヒマラヤ山脈は地上への噴火ではなく、大自然の地殻変動により隆起してできた山脈なので 長い年月をかけてエネルギーが蓄積された、自然の神秘を秘めているようです。ヒマラヤ山脈中で採掘された水晶の総称です。ネパールではガネーシュヒマール産、カンチェンジュンガ産、ガウリ産、パキスタンのギルギット産、インド国内のヒマラヤ地域である、ヒマチャールプラデッシュ州のクル渓谷産などがあります。ヒマラヤ山脈はヒンズー教の聖地であり、シバ神の座所。シバ神はヒマラヤ山中で瞑想し修行してるといいます。
その為、神秘的な儀式や浄霊、御神体などによく用いられます。世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)を誇るヒマラヤ山脈は『地球最後の秘境』とも呼ばれ、その深い歴史ともに、人々の厚く清らかな信仰心を集めています。インドやネパール、チベットなどの神聖なパワースポットが存在するヒマラヤ地帯。この地域は世界中からスピリチュアルな人々が集まり、修行や祈りをささげるなどして生活しているといいます。そのヒマラヤ山脈から採れるクォーツは『ヒマラヤ山魔法の石』と呼ばれ、信仰心の厚い人々はもちろん、チベット密教の高僧たちも大切に身につけているそうです。
ブラジル産と比べると異質な印象を持ちます。全体的に固くしまり密度が濃いような印象です。また透明感もより強くきわだった印象を与えます。石英(クオーツ)の無色透明なものを水晶(ロック・クリスタル)呼ぶのが一般的。ギリシャ語の氷を意味する「クリスタロス」が語源と云われています。古くは「水精」という呼び方もあり、水が結晶したものという意味がありました。聖神々が住む山として崇められている聖地ヒマラヤ。ヒマラヤ山脈は地球上で最も波動の高いパワースポットと言われています。
世界の屋根といわれるヒマラヤ山脈は、地球上で最も標高の高い地域であり、地球上にある波動の高いパワースポットの一つでもあります。ヒマラヤ山脈は7000万年前後期の白亜紀にインド・オーストラリアプレートとユーラシアプレートの間の沈み込みで起きた大陸同士の衝突による造山運動から生じました。今でもその成長は続いていて、1年に67mmの速度でアジア大陸に向かっています。
結晶の表面に鉄分が付着して金色や虹色に輝く「ゴールデンヒーラー」となって産出されるものも比較的多く、セプタークォーツ(松茸水晶、キノコ水晶)も産出されます。 稀に通常のセプターより特別珍しいライトアメジスト(極淡い紫水晶)のセプタークォーツが産出されるのもティップリンの特徴です。世界最高峰のヒマラヤ山脈からひとつひとつ手作業で掘り起こされているところに大きな価値があります。
スイスでは非常に美しい細長いクリアクォーツのクラスターを産出しますが、そのスイスでそれとは似ても似つかない程グレードの下がったカンチェンジュンガ産ヒマラヤ水晶クラスターが大人気だそうです。新産地ということではありませんが、これまでこの名称で市場に出回った事は世界でもないはずです。元来ネパールは鉱山権を設定された鉱山という所は現在のところカンチェンジュンガ山だけだそうで、それもライセンスを持っているほんの少数のディーラーさんだけが正式に採掘・輸出することが出来ます。
[PR]ヒマラヤ水晶 効果 

それに対し自然石ではなく、天然石 卸に似せて造った合成石があります。表示があるものは全て自然石です。不思議な力があるとされています。それらは、パワーストーンと呼ばれペンダントトップやリング、バングルなど、様々な天然石アクセサリー として楽しむことができます。それぞれ異なった輝きを放ち、宿っている力も石の種類によって様々です。昔の人は、これらの石をお守りや魔よけとして使っていました。また、天然か人工石かを見分けるのは容易ではありませんが特徴を知っておくことは、石を見分ける手段の ひとつでもあります。
身につけることで評価が上昇し、富と幸運を引き寄せるとされるのはトパーズで、11月の誕生石です。優れた決断と洞察により成功へと導かれるのはタイガーアイで、その名の通り、地色が茶色で注し色が金色というトラの目を思わせるものです。無色透明の水晶に金色の筋が入るのはルチルクォーツで、その模様が金銭を思わせることから金運のストーンとされています。シリトン(黄水晶)も「幸運の石」とし商売繁盛、すなわち富のお守りとされてきました。気力と体力という成功までを支える要素を安定させることで、仕事や商売を気道に乗せるといことから、貯蓄や商売のお守りとして金運ともいわれるようになったようです。
タイガーアイは自信を持つことができます。自分の持っている力を、上手にアピールすることができるようになるでしょう。前向きに仕事に取り組んでいきたいという、気持ちをサポートしてくれます。それぞれに秘められた、上手く利用しましょう。そして石が持っている力を信じれば、仕事運も上がってくるのではないでしょうか。ストーンで、経済的に安定したいという願いを持つ人は多いでしょう。仕事運や開運にも匹敵するため、求める石にそれほど差はありません。金運を気にするならば、ダイガーアイがお勧めです。
夢をかなえる石、恋愛運アップにつながる石、健康運をよくする石など、目的によって持つ石が違ってきます。仕事運を高める石、精神安定に効く石なども魅力的な石として人気です。ストーンを持ったときの気持ちで選ぶのもひとつの方法です。そのストーンを持って気持ちが楽になったなら、自分に合っている石だといえます。それぞれの石が持つパワーを上手に利用しましょう。夢をかなえてくれる、強い味方になってくれるはずです。古代より、石は神秘的で、それぞれが力を持つという言い伝えがありました。お守りや魔よけとして石を持つことも、珍しいことではなかったのです。
石と同調して波動が一緒になったときに、その思いをストーンに伝えることがポイントです。そして、プログラミングの効果を発揮するためには、石のコンディションを整えておくことが大切です。定期的に石の波動を整える浄化を行い、ストーンの力を復活させましょう。ストーンを効果的に使うにはどうすればいいのでしょうか。石の種類、色、形など多様なバリエーションがあります。ひとつひとつエネルギーも違いますが、ベースとなる使い方の基本は変わりません。まず、石についての知識を集めるようにします。石の種類や形、色が違うことによる、質の違いを知るのです。
古代エジプトでもパワーストーンは知られ、ファラオという王様のお墓にはラピスラズリやアンバー、アクアマリン、ターコイズ、トパーズなど、かなり多種のストーンの護符が見つかっているといわれています。かの有名なクレオパトラも美しい緑の輝きを持つエメラルドを大変気にいっていたともいわれています。クレオパトラはマラカイトを粉砕して化粧品として愛用していたともいわれています。クレオパトラにはまつわる秘話がたくさん語られている様です。クレオパトラは美しくて高貴なストーンの魅力に取り憑かれていたのかもしれません。
ただしこの方法は、石の劣化を早める原因にもなりますので、必要最低限にしましょう。中にはもともと光に弱いアメジストやインカローズのような石もありますので、注意が必要です。◆水による浄化。水による浄化方法もあります。水道の蛇口から細く流した流水に、直接石をさらす方法です。自然塩で作った薄い塩水に、一日浸す方法もあります。しかし、この場合もターコイズやアンバーなど、水に弱い石には注意しましょう。◆塩による浄化。塩による浄化方法は、とても効果があります。自然塩を敷き詰めた容器に、石を一晩置くか、強い浄化が必要と感じたら、自然塩の中に石を埋め込み、一日そのままにしておきます。
出会いを強く求める方にはアベンチュリン、ムーンストーン、オパール、などがお勧めです。アベンチュリン。現在の恋愛の進展を求める方にはラブラドライトやシトリンが良いでしょう。ラブラドライト。恋人や夫婦の間ですれ違いが起こったら、アクアマリンが二人の愛を調和させ、再び和合をもたらしてくれるでしょう。アクアマリン。またその逆に、縁切りのストーンもあります。いまの相手と縁を切りたい方は、水晶系のアメジスト、ロッククリスタル、ラピスラズリなどを持つとよいでしょう。恋愛運に関係するストーンはネットで検索すれば簡単に情報を手に入れることができますので、ストーン選びの参考にするといいでしょう。
それから石の波動がホルモンバランスを調整し、機能性を高め、活力を与えてくれます。老化予防にも効果をもたらす他、精神が弱っている人にも良いパワーを与え、マイナス志向からプラス志向へと導いてくれます。情熱の薔薇と呼ばれるほど、人に情熱を与え、魅力的にしてくれます。インカローズの浄化方法ですが、大変傷付きやすい石なので、水や塩による浄化は不可です。太陽光も色の変色の原因になりますので、月光浴かお香か水晶クラスターによる浄化が良いでしょう。インカローズはもともとはロードクロサイトだったようですね。
[PR]7天然石 卸売 

物事を改善する時には、まず「事実をよく見て、知る事」が大切です。敵が何者かわからないうちは、戦い方も決められないのですから。安眠を妨げる敵を知るために、まず・・「心に隠し持つ闇の部分」にスポットライトを当てて、クローズアップします。その人が普段は隠している「恐怖、壁と感じているもの」を明確にさせます。自分の安眠を妨げているものが何が判明すれば、あとは「問題を解決する方法」を探れば良いだけですよね。もちろんこの作業の時にも役に立ちます。意識レベルを引き上げ、物事を投げ出しやすい性格を戒め、ゴールに辿り着くまで前進するように励まし続けます。

腎臓や泌尿器にもすぐれた効果があるといわれています。結晶質の石英で、色が煙色から茶色のものをいいます。透明から半透明で、新しい面はガラス光沢を示します。火成岩、変成岩、堆積岩のいずれにも生成し、ペグマタイト中の晶洞や、石英脈などから産出します。鉱物の煙色は天然の放射能の影響、鉱物内に含有するアルミニウムイオンによるものとされています。フッ化水素酸に浸さない限り溶けません。硬度は7で、空気中に浮遊する砂塵と同じ硬度のため、保存はあまり気を使わなくても大丈夫です。基本的にはクリスタルに準じ、強い自浄効果がありますので、それほど頻繁な浄化は必要ありません。
そのいっぽうで、パワーが過ぎると、孤独を好む、風変わりな人だと思われがちです。しかし、バランス感覚にすぐれたクォーツの仲間である、スモーキークォーツは、その欠点を補い、代わりに深遠な知恵を与えてくれるといわれています。一般にモリオンと呼ばれている透明度の低い黒色のクォーツは世界中で幅広く産出されますが、透明でうつくしい薄墨色は、スイスのアルプスなど、ごく限られたところでしか見られません。アルプスの熱水鉱床からは、しばしば愛らしい薄紅色のフローライトをともなって採掘されます。
アンティークショップなどを覗いてみると、意外なところで細工物に出会えます。きらびやかな色合いの石とは違い、いかにもひそやかなたたずまいのジュエリーですが、その落ち着いた黒は身につけた人の品性を向上させてくれます。古くは「悪霊を追い払う石」として大事にされていました。また、争いごとに勝利し種族を保持する力があるとされ古代ローマでは、カメオなどの彫刻を施した印章にして代々使用していたそうです。また、リラックス効果により安らぎを、否定的な感情を解き放ち希望を与え潜在能力を引き出してくれます。
・恐怖心、不安、焦燥感を解放させ、リラックスや不眠症の改善に良いとされる。他人の悪想念や、霊的、環境的マイナスエネルギーから持ち主を守る石。水晶グループの中で最も身体と大地とのエネルギーを繋げる力に適した石です。心身を安定させ、持ち主の精神を安定した方向へ導き、恐怖や不安を解消するのに役立ちます。邪気払いのお守りとしてもオススメです。 恐怖心や不安感などから、心を開放し、混乱した情緒を安定させる効果のある石。試験勉強や資格の取得、ダイエットなどの目標を達成したい時、忍耐強く努力する力を与えてくれる。
これを中に含んだ水晶が、放射線を受けて茶黒に見えるようになったものです。また、人口的に放射されたものもあります。褐色だったり、暗褐色だったり、このような色合いの水晶を「煙水晶」と呼んだり、「茶水晶」と呼ぶ場合もあります。昔から悪霊を追い祓う石として、お守りにされてきました。また、崇拝されてきた石でもあります。それから、争いで勝ち抜き、種族を保持するパワーがある石だと言われています。このことから、古代からずっと大事にされてきた天然石なのです。そして、昔からカメオなどのアクセサリーに使われた石です。
つまり原石の段階では先端が少々透けても中央部大部分が不透明ならモリオンといえても、その石を削ってビーズにした場合は不透明部分でtくったものだけがモリオン、透けたらスモーキーと判断します。このように厳しく判断しないと、ビーズのように淡いオレンジやクリーム色でもカーネリアン……になりかねません。他と際立って違うからこそ、特別に名前が付けられた。別名を持つことの意味を、ちゃんと反映したいと思います。ときどき、アーカンソー産やブラジル産の透明な水晶にコバルト60のガンマ線をあてて黒くした人工の「黒水晶」を見かけることがあります。
安眠の効果があるといわれています。天然はクセが強くパワフルなものも多く、持つ人を選ぶことが多いのですが、一般的に流通しているのはほとんどが照射処理されたものであるため、クセが少なく、持つ人を選びません。
[PR]スモーキークォーツ 効果 

人は日々取捨選択を繰り返しています。良い方の道を選べば、結果として結果が得られ、人は運が強い、運が上がっていると考えます。事業でも人でも良い方向性へと自然に導いてくれます。とても強い石ですので、疲れたときや忙し過ぎると感じる際には、一時的外して調整をするのも良いとされています。タイチン針水晶の品質・クォリティーについて天然石全てに言えることですが、針水晶も高品質なものほどエネルギーが強いと考えられています。特に針水晶は情報をキャッチし、直観力を高めてくれる石ですので、クリアでないと雑音が入るラジオのようにうまく伝わりません。タイチン針水晶は水晶の透明感と針の太さ、美しさが品質の基準になります。水晶が水のように澄んでいて、美しいものほど希少で人気も高く、値段も高価ですが、エネルギーも高く持っています。また針の量については、多いほうが良いとされる説もありますが、見た瞬間に自分が欲しいと思える、魅力を感じる物が良いと言えます。放射針水晶は針が放射状に伸びる部分で、別名太陽針水晶、細い針がまとまって太い針になっている個所も多いため、タイチン放射針水晶とも言われます。針水晶の根の部���覆鼻⊃砲���辰匿�咾襪燭瓠∩阿妨��辰胴��辰討い�┘優襯�爾魎兇犬泙后���ぢ華僑とは、中国籍を保持したまま世界中へ進出し、あらゆるビジネス界で大成功を収め、経済的に驚異的な影響力をもつ民族)少数派である華僑が、巨大な富と栄光の人生を築き上げられたのは、「繁栄を呼ぶ石」を抜きには語れないとまでいわれています。【他の針水晶とは全く違う】光雲の違いはこちら!)針水晶は、希少性が非常に高く、先祖から代々受継がれる程の効果と価値があるとされ、商談の際には必ず身につけられました。また、華僑のみならず、太古においては中国の歴代皇帝、エジプトのファラオ、ローマ時代の貴族層にも愛され続けられました。さらに、写真のように太く針が入ったものをタイチン針水晶と呼ばれ、最高級のものは華僑の中でもトップクラスの富豪だけが愛用できる秘宝です。近年、ビジネスに強く関心をもつ日本の富裕層や芸能界、スポーツ界にも密かに浸透するようになました。現在では、そのエネルギーの強さから口コミによる噂となり、恋愛成就、人間関係の清浄化、精神安定など様々なシーンに優れた効果がると、本物志向の女性へ人気が爆発的に広がっています。
鉱物学に則れば、こちらが正式であると思います。地球からの贈り物はその個性を見極めてブラックルチルの選び方としては、まずトルマリンベースなのか、本来のルチルなのかを見極める必要があるでしょう。現時点ではトルマリンベースの方が市場での多くを占めているようです。インターネット上で検索すると数多くのショップで売られていることが解ります。2つの種類のどちらが良いかは一概には言えませんが、実際に購入する際にはどちらのタイプのものなのかを理解してからにしましょう。(ブラックルチルに2種類が存在することを知らずに購入するのはちょっと寂しいですね)
石に対して古来から人は願いを掛けて、自分自身を、人生を守るものとして身につけてきました。人が人である故のお守りであったわけです。現在でも多くの国でお墓には、石を使っています。お墓は人生を終えてからの陰宅の守り石パワーストーンは、人生を謳歌している間の陽宅の守り石という訳です。石には現在でも人を守る力が有ると考えられてる所以です。さて、現在において、この針水晶は、針が入った水晶は、その人、人がそれぞれ望む物を手に入れることが出来るとされています。なぜなら、本来水晶は、人の能力を引き出すと考えられその中に針(針水晶)が入って、魔を防ぎ、厄を払い、幸運や、望む物を手にすることが出来る、故に最強のパワーストーンといわれています。
水晶が育つ過程で、結晶の中に色々な異物が閉じ込められるケースがあります。黒針水晶はブラックトルマリンがインクリュージョンされた石になります。黒針水晶はビジネス上の障害を取り除き勝ち運を引き込む抜群のパワーがあるといわれいます。得にいちかばちかの勝負をかけるとき、その強烈な吸引力で成功を勝ち取る効果があるとされます。洞察力と勇気・ライバルに負けない強い精神力を必要とされるスポーツ選手や受験生の心強い味方になってくれるはずです「仕事運を高めてくれる」として、人気を誇る石。クリスタル(水晶)のパワーが強化されたもので、集中力や直感力が高まると云われています。古来には、戦に出るときのような勝負の時に黒針水晶クォーツを身につけると、忍耐力勇気・精神力が養われると云われていました。現在では、仕事運を高めてくれたり、ビジネス上の障害を取り除き、材運・勝運を招き寄せるパワーがあると云われています。
ゴールド針水晶は価格にかなり幅があるものの一つですが、それはグレードの違いにあります。グレードの低いものはお値段が安いかわりに、水晶の中に不純物を多く含んでいるので、全体的に曇りが出てしまい、ぼんやりした印象です。逆にグレードの高いものはお値段は高いのですが、クリアな水晶の中にびっしりと金針が入っていて、きりっとした美しさがあります。パワーに違いはありませんが、見た目の美しさには上記のような差があることを理解して選ぶと失敗がないと思います。水晶はインクルージョンとして他の鉱物を含むことが多くその入り方によって驚くほど魅力的な宝石になります。そんな水晶の代表的存在透明感のある水晶に金線が浮かぶ『ゴールド針水晶』
コッパー針水晶「コッパー」は「銅」銅色の輝きを放っています身に付ける者の精神を落ち着かせて集中力を高める効果仕事運を高め成功へと導かれるよう作用してくれる【石の種類】針入り水晶/Rutile Quartz【石の意味・効果】針状結晶のシャープな輝きからも、感性を研ぎ澄ませたり集中する場面でサポートしてくれると言われています。金線→金銭とも表されることから、金運のお守りとしてもピッタリです。【こんなときにお勧め】仕事運をアップしたいと判断力を高めたいとき勝負運を強くしたいとき物事を解決に向かわせたいとき仕事に対する自信をつけたいとき【弱点】【浄化方法】水,太陽,月,水晶クラスター,お香,エッセンス
【「ありがとう」実験】嘘発見器を発明した旧ソ連の科学者セルゲイは、「言葉が発するエネルギーの実験」を行いました。その結果によると、「ありがとう」の言葉を発したとき、一番アチューメントに適した強い波長を発していることがわかっています。またその後、花や木の成長実験においても、最も成長ホルモンの造成が進むことや、水晶の結晶実験でも、最も綺麗な正六角形を形成することが実証されています。個人的に「ありがとう」のごはん実験をしたので、参考にしてください。【なぜ感謝をするのか】感謝の言葉を針水晶にかけるといっても、ただ呪文のように「ありがとう御座います」声をかけるのではなく、何に感謝しているのかわかっていると効果は激変します。
高級なゴールド針水晶は明らかに違います。針水晶自体にお金を引き寄せる力がある為、どれだけ金運の無い人が装着してもお金がザクザク寄って来るんです。輝石の力によって金を運を強制的に呼びよせます※アクセス殺到が予想されます、完売の際は申し訳御座いませんが御了承下さい。本物の高級針水晶はやはり威力も格段上です。しかも今回このブレスに使用されている、ゴールド針水晶と爆裂水晶は、鑑定士が認めた品以外は使っておりません。貴方を成功に導き加護してくれる水晶も高品質。高品質の爆裂水晶は肌身離さず着用していると、水晶の中の亀裂が少なくなるなどの不思議な現象が起こります。一説によると爆裂水晶は邪気を吸い取り自らの亀裂を治すとも言われています。まり装着者の代わりに邪気をすべて受け止める不思議な水晶。さらに今回に限り最大限に針水晶のパワーを引き出すために浄化のパワーが非常に強いとされる針水晶とは?針水晶とは「金紅石」という物質のことで、本来これが含まれているものを針水晶入り水晶(Rutilated Quartz)と呼ぶべきですが、一般的には、いろいろな針状物質が入っているものをひっくるめて針水晶・クォーツと��討鵑任い泙后O駄召蓮嵜某緇宗廖�崛霪�蠖緇宗廚箸盡討个譴討�泙靴拭���ぢ針水晶という石は一般にはまだ知られていませんが、パワーストーンを少しでも知っている方ならよくご存じのはず。水晶の一種で、内部に成長した金色の針が金運を呼ぶとされてきました。最近では産出量が減り、中国系の需要が激増しているせいもあいまって、価格は天上知らずの勢いを呈しています。[PR]ブラックルチル 効果 

ブラックトルマリンはセックス面でのつながりよりも、おたがいに対する理解がベースになっている関係ですから、ふつうのカップルよりも、会話などのコミュニケーションが必要になる。 仕事のサクセス運については、コンピュータ、機械などの理科系の仕事、科学にかかわる研究、プロデューサーなどの仕事に、プラスのエネルギーを注いでくれることでしょう。最後に、宇宙エネルギーとサイキックパワーについてです。未知数の部分は大きいのですが、チャネリングをはじめとするサイキックパワーや、空気清浄、炎症の鎮痛効果などのパワーは既に認められています。
その中でも特に強いマイナスイオンを発するのがこれ!免疫力,生命力UPの他、過労,ストレスの軽減と、心身共に支えてくれるんですね。危険や邪気から身を守るお守り代わりにもなりますよ。ひとつの鉱物を指すわけではなく、13種類の鉱物からなるグループの呼称です。このグループの中に属するストーンには、エルバイト、リディコタイト、クロムドラバイト、ウバイトなどがあります。そして、ひとつの鉱物グループとしては最も多い色彩をトルマリンは持っているのです。例えば、「ピンク」「レッド」「イエロー」「グリーン」「ブラウン」
和名は電気石といいます。ノーベル物理学賞博士が電気が発生していることを発見し、その後の研究で結晶にプラスとマイナス極が存在することがわかり、永久に電気を発生し続ける鉱物だということがわかりました。 ショールとも呼ばれ健康の石として知られる黒色です。鉄分を多く含むため黒色をあらわしており、健康効果がある石として注目を集めるまでは天然石としては価値が低く、採掘されても廃棄処分されていたという話もあります。しかし現在では発生するマイナスイオンが最も強く健康効果の高いパワーストーンとして知られています。
侏羅じゅらや白堊のまつくらな森林の中爬虫はちゅうがけはしく歯を[鳴]らして飛ぶその氾濫の水煙からのぼつたのだたれも見てゐないその地質時代の林の底をこれは『春と修羅』所載の「小岩井農場パート四」の一節で、黒い林のイメージが修羅につながる爬虫類の背景として強調されています。(「空の散乱反射のなかに古ぼけて黒くえぐるもの
素敵な恋も引き寄せてくれますからね。結晶に熱を及ぼすと電気を帯びることにより和名で「電気石」と呼ばれ、語源はセイロン現地語にあたるシンハリ語の「色が混ざった石」を意味する「トルマリ/turmali」からきていると言われています。様々な種類の色を持ち、またひとつの結晶の中にも様々な色と色の組み合わせが現れる多彩さで群を抜きん出ています。その為それら全ての色や色の組み合わせの総称としてマルチカラーと紹介されています。感じられる基本的なエネルギーからは、扱いにくいようなクセはありません。
金運を願う人にはそれがもたらされたり、心身のアンバランスで体調を崩した人には健康がもたらされると考えられています。身を守ったりネガティブなエネルギーをシャットアウトするなどの効果があるといわれています。ブラックは、正式にはショール(鉄電気石)と呼ばれ、色々な石の中でもっともパワーが強く、幸福と繁栄をもたらすと言われます。免疫力増強、金運・人気運アップ、電磁波防止、イオンバランスの調整など、幅広い活躍が期待できます。困難な状況に陥ったときには、不安や苦しみを乗り越えるパワーを与えてくれるとされています。
また有害な電磁波から身を守ると言われていますので携帯やパソコンを常に使用する方にもおすすめです。 語源はスリランカ(セイロン)に住むシンハリ族の言葉「tura mail」でいろいろな色をもつ石という意味があるといいます。その名の通りさまざまな色を持ち、透明なものも不透明な物もあります。赤系の物はルベライト、濃青系の物はインディゴライト、オレンジ褐色系の物はドラバイト、無色の物はアクロライト、緑とピンクが帯状になったものはウォーターメロンといいます。
?色ごとに名前がついているものもあります(色と名前の詳細は後ほど紹介しますね)。金属をイオン化する傾向が一番高いナトリウム、マグネシウム、アルミニウムなどを多く含んでいるため、マイナスイオンを発して周囲のイオンバランスを整える働きもあるといわれています。心身を浄化し、心を穏やかにします。ネガティブな感情を取り去り、精神を安定させストレスから心身を守ります。また、組み合わせて持つと他の石のエネルギーを高める効果もあります。石の色によって効果は様々です。以下に、ポピュラーなものを紹介します。
主要産地は、ブラジル、アメリカ(カリフォルニア州、メーン州)、マダガスカル、モザンビークなど。特にブラジルのミナス・ジェライス州では色彩豊かなものが産出されます。ルベライト、ドラバイト、ウォーターメロン、ベルデライト、インディコライトなどのバリエーションに分けられ、それぞれ異なった意味や効果を持っています。例えば「ピンク」の異名を持つルべライトは恋愛に関する効果で知られ、「これから愛を勝ち取りたい」と考えている人にも、「過去の愛の傷を癒したい」という人にも愛用されています。
[PR]ブラックトルマリン 意味